にわか中毒   来院中の患者数:
スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてください!何でもしますから!

物理受けモジャンボ  (2012/10/24)
n465.gif
モジャンボ@ゴツゴツメット  特性:再生力
図太い H252 B248 C4 S4 (31-×-30-31-31-31)
めざめるパワー氷/気合玉/眠り粉/宿り木の種

同期であるマスキッパを蔑ろにするもじゃもじゃモンスター。モリゾー。
H16n-1&3n調整(ぶっぱしたら勝手にこうなった)、Bぶっぱ残りCとSという調整もクソも無い努力値構成。
ちなみに3n調整とは再生力の回復量が最も効率よくなる調整である。回復量は69になる。
色々と考えつくした結果、草タイプの攻撃技を切るという暴挙に出た斬新な技構成。

使い方としては物理相手に受け出ししてゴツメダメージ+後続に眠り粉で負担をかけていくスタイル。
あのヤドランやエアームドの1.1倍もの物理耐久により生半可な物理技では絶対に落ちない。
その硬さはなんと陽気ヒヒダルマの力づくフレアドライブを超高確率(93.7%)で耐えるほど。
その反面特殊耐久は非常に脆弱でありなんと眼鏡シャンデラのひのこで即死する
非常に尖った種族値をしているので簡単に役割破壊されてしまう点には注意が必要。

さて今回草技を切るに至った理由としては現環境を考慮した結果不要と考えたからです。
現環境において草技を撃ちたい相手というのはスイクン・水ロト・トノ・ブルンなどの面子であり、
こいつらは総じて特殊型であるため、モジャンボで相手をすることができません。
カバやテラキなど物理型にもいると言えばいますがカバはめざ氷、テラキは気合玉で事足ります。
それを踏まえて今回はめざ氷と気合玉という技選択になりました。気合玉は運命力で当てろ。
一致技無しの上Cもほぼ無振りであるため火力は皆無ですが、ゴツメで補ってやれば十分だと思います。


まぁここまで全部机上論なので何とも言えませんがね。
実際使ってみた後また感想を書きたいと思います。
スポンサーサイト
クリックしてください!何でもしますから!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。