にわか中毒   来院中の患者数:
スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてください!何でもしますから!

【ダブル】性欲の巨人  (2014/08/10)
c486.pngc224.pngc445-m.png
c591.pngc475.pngi609.png

ポケモン 持ち物
レジギガス ドレインパンチ 岩雪崩 炎のパンチ ワイドガード 光の粉
オクタン 熱湯 電磁波 仲間作り 守る メンタルハーブ
ガブリアス 大地の力 竜の波動 岩雪崩 守る メガストーン
モロバレル ギガドレイン 光合成 痺れ粉 怒りの粉 黒いヘドロ
エルレイド ドレインパンチ サイコカッター サイドチェンジ 守る オボンの実
シャンデラ 熱風 シャドーボール エナジーボール 守る 気合の襷


ひどい構築名。出来の悪いアダルトサイトのような名前をしている。
早い話がオクタンの仲間作りでレジギガスのスロースタートムラっけに上書きし、
レジギガスの性欲を開放、ムラムラさせて全部ぶちのめすPTである。

■レジギガス
オクタンに性の道に誘われて覚醒する巨人。
スロースタートさえ解除してしまえば670族という圧倒的種族値によって大暴れできる…気がする。
ノーマル技が入ってないのは、技構成に悩んでいた際に
「ドレパンと雪崩と炎Pの中からひとつ消して恩返しを入れよう!」と考えながら育成して、
そしてそのまま忘れて実践投入されてしまったからである。
160という圧倒的恵まれたA種族値から繰り出される低威力の技で相手を絶妙に倒せない。
持ち物はなんかよく分かんないけど長生きさせるべく粉を持たせておいた。
しかしそのせいでオクタンの仲間作りをかわすというお茶目さを見せることもある。

■オクタン
強い性欲を持ったタコ。レジギガスを仲間に引き込み覚醒させる。
仲間作りの後は特にすることが無いのでさっさといなくなってほしいが無駄に長生き。
問題点としてはオクタンの性格を呑気にしたために、スロースタート状態のギガスよりも遅く、
ギガス行動→仲間作りという順番になるため1ターン目からギガスが覚醒が出来ない。
ちなみにあくまで仲間作りのサポート役のはずなのだが、オクタンが相手に舐められるせいか
相手にタコを放置させ、その間にタコが覚醒して相手を殲滅するというあの指とまれ戦法も可能である。

なおメンタルハーブは発動したことは無い。

■ガブリアス
頼れる主人公。
このPTは一見するとムラっけレジギガスで無双していくPTに見えるが、
レジギガスが守るを覚えないせいで仲間作りが決まってもわりと簡単に死ぬため実質こいつが主役である。
当然だが普通にメガガブを使うわけではなく、こいつにも仲間作りを決めてムラムラさせる
持ち物が固定されるとはいえレジギガスの670族を越える圧巻の700族、
さらにレジギガスは粉とかいう持ってるのか持ってないのか分からないようなふざけたアイテムを所持しているため
メガガブリアスのほうが主役になるのも仕方ないことである。
技構成は相手の威嚇を加味した特殊主体の両刀型。クチートやランドロス犬や鬼火ロトムに分からせる。
『メガターン時S102というのを活かしたい』『ムラっけは長生きしてこそなので耐久は下げたくない』
などなど考えた結果、Aに逆補正が掛けられている。
Aの高いメガガブのAを逆補正はやや勿体無いが、逆補正でも実数値171あるのでまぁ大丈夫だろう。

ちなみにこれは全く関係ない余談だが、A特化したフライゴンのA実数値は167である。

■モロバレル
キノコ。
古の時代に行われたイッシュダブルの時の戦士で、BOXで暇そうにしていたので採用した。
ムラっけが発動したレジギガスやメガガブリアスを怒りの粉でひたすら守り続ける。
基本的によほどのことが無い限り怒りの粉しかしない哀れな粉マシーン。

キノコの胞子が無い理由は私にもよく分からない。

■エルレイド
長ネギマン。
ムラっけが発動したレジギガスやメガガブリアスをサイドチェンジで身代わりになって守る戦士。
全く使われていないせいであまり知られていないが、サイドチェンジの優先度は+1のため
足の速い相手の攻撃からでも相方を守ることが出来るがファイアローは死ね。
一度サイドチェンジを見せると相手は疑心暗鬼に陥り、勝手に変な方向に攻撃し始めるので楽しい。

■シャンデラ
「なんかあと一匹枠空いてるな……たまたま目に付いたこいつでも入れとくか」

選出回数 0


オクタンの仲間作りを見て思いつき、適当に組まれたPTであるが楽しかった。
ダブルというのはシングル以上に非常に色々なことができ、マイナーなポケモンでも活躍が見込める。
オクタンの仲間作りは6世代からの遺伝技であり、マイナーポケモンのマイナー技を活かしたこのPTは、
私にダブルバトルの楽しさを再認識させてくれた。




ちなみにこの後PT編成の見直しが行われ、オクタンはドーブルに取って変わられた






【その他の仲間作り候補たち】
このPTはオクタンの仲間作りでレジギガスのスロースタートを消すという発想から始まったのだが、
一応オクタンの他にも仲間作り候補は何匹かいたので紹介しておこう。

■カエンジシ
c668.png
特性:とうそうしん/きんちょうかん/じしんかじょう
自信過剰を仲間作りしてレジギガスの爆発力を上げることができる。
カエンジシ自体もそこそこ足が速く、鬼火や横取り、欠伸など意外と小技もある。
しかしながら自信過剰の爆発力は1体倒してようやくA+1とそこまで高いわけでもなく、
さらにカエンジシ本人は自信過剰を全く活かせないという点から不採用に。


■ゴロンダ
c675.png
特性:てつのこぶし/きもったま/かたやぶり
どの特性もなかなか有用で、鉄拳は3色Pやドレパンの威力底上げ、肝っ玉はゴーストへの安定した打点がもてる。
ファストガードや捨て台詞、威嚇が実質無効のやまあらしなど面白い技を持ってはいるのだが、
火力もぼちぼち足も遅い耐久も無いと、ゴロンダ自身の性能に問題があるため採用は見送られた。


■タブンネ
c531.png
特性:いやしのこころ/さいせいりょく/ぶきよう
いやしのこころで鬼火を受けやすいレジギガスをサポートできる。さらにタブンネが受けた異常も回復できる。
さらに手助けや癒しの波動、電磁波などサポートに長けているのもポイントが高い。
しかしながらレジギガスとタイプが丸被りしてしまうのがとても痛かったため、今回はご縁が無かった。


■ハハコモリ
c542.png
特性:むしのしらせ/ようりょくそ/ぼうじん
晴れ下での葉緑素によるすばやさ補強、防塵による胞子や怒りの粉の無効化などなど。
特に葉緑素はスロースタートでS半減から一気にS2倍まで上がるので実質4倍という愉快なことになる。
しかしながら手助け、糸を吐く、ねばねばネットなどがあるといえどもハハコモリ自体の性能は高いとは言えず、
なによりもファイアローという天敵が存在する以上、非常にきつい立ち回りを強いられることになる。
そしてなにより晴れパを組むのがめんどうだったため採用を見合わせた。


■ルチャブル
c701.png
特性:じゅうなん/かるわざ/かたやぶり
オボンなどを持たせてS上昇を狙える。他の柔軟も型破りもそれほど悪くない。
さらにルチャブル自体がフリーフォール、ファストガード、サイドチェンジなどダブル適正がそれなりに高く、
オクタン・ドーブルに並ぶレジギガスの相方候補として最後まで残っていた。

しかし最終的に『どちらのほうが面白いか』という点を考えた結果、
どう考えてもムラっけレジギガスのほうが面白いのでオクタンが採用された。
スポンサーサイト
クリックしてください!何でもしますから!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。