にわか中毒   来院中の患者数:
スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてください!何でもしますから!

大会企画マン  (2014/10/27)
今までに実際に開いたり、脳内で生まれたりした変な大会をメモ代わりに羅列している。
普通の大会では満足できなくなった方々の参考なれば幸いである。




■ゴンベ杯■
(ここでは)最もポピュラーな定番の大会。
ゴンベを孵化する環境さえあれば誰でも参加できるという低いハードルが大きなメリット。

<ルール>
・使用ポケモンはゴンベ(Lv1)一体、使用可能技は「ゆびをふる」のみ
努力値振り、PPの増加は禁止
・持ち物の規制は特にない
・「ゆびをふる」以外の技、または「わるあがき」を出した時点で負けとなる。
 つまりお互いにPPが切れた状態だと先に悪あがきをしたほうが負けということになる。
・ただし、「ゆぶをふる」で「げきりん」や「あばれる」などの数ターン続く技が出た場合はこの限りではない。

非常にスピーディーな大会進行が可能。短いとだと1~3ターン、最長でも11ターンで基本決着がつく。
運だけのバトルであるため初心者も熟練者もクソもないという優しい大会でもある。
シングルだけでなくダブル、トリプルでも良い。さらにカオスな戦いが繰り広げられることになる。
特性は「あついしぼう」安定、持ち物は鉢巻・輝石・きのみジュース・ゴツメのどれかがオススメ。





■いちゃもん杯■
(ここでは)伝説の大会。
以前開催した際は出場者の半数以上が反則負け、決勝戦も反則で決着が付いた恐怖の大会。

<ルール>
・基本ルールはシングルLv50フラット6630
二度続けて同じ技の選択を禁止
・「げきりん」や「あばれる」などの数ターン続く技の禁止
「アンコール」禁止
・特性「かげふみ」のポケモンのこだわりトリック禁止(ゴチルゼル系統)

ルール的にはシンプルなのだが、実際に対戦してると熱中のあまりルールを忘れてしまうことが多発する。
影踏み以外のこだわりトリックに関しては特に禁止事項は設けていない。その辺りはうまく立ちまわって欲しい。
ルールを順守して戦っているだけで、相手が勝手に反則負けをする可能性がある愉快な大会。
ルールを守って楽しくデュエルしよう!





■こだわり杯■
いちゃもん杯と対を成す大会。
多分説明は必要ないと思うが一応しておく。

<ルール>
・基本ルールはシングルLv50フラット6630
一度選択した技以外の技を選択することを禁止
・「わるあがき」を打った時点で敗北
「かなしばり」禁止

いちゃもん杯の反対で、同じ技しか選択できないこだわりの大会。
こちらもいちゃもん杯同様、熱中のあまりルールを忘れる事のないように注意したい。
などと偉そうに書いているが実はやったことはない。誰かやってみて(他力本願)
実際にやるならブルンゲルとかクソ強いかもしれないので規制が必要かも?





■タイマン杯■
タイマンは男の勲章👊👊👊

<ルール>
・ルールはLv50フラット1vs1のタイマンバトル
・大会参加者は予めPT6体を登録してもらい、持ち物や型の変更を禁止
ただし、1度使ったポケモンは次以降の対戦で使用できない
・PT6体の合計種族値は3000までとし、種族値400以下のポケモンは400として計算する
・メガシンカ禁止

色々書いてあるが、早い話が1vs1の対戦を行い、トーナメントが進むにつれてPTのポケモンが減っていく大会。
種族値制限が掛かっているのはタイマン性能が高い高種族値がポケモン大正義にならないようにするため。
ここの制限は緩くしたり、逆にきつくすると色々面白いかもしれない。
PTの関係上、最大で6回戦までしかできない。つまり最大参加人数は32人までであることに注意。
ただ、参加人数が少なくても16人はいないとこの大会は恐らくあまり面白くない。





■天下一武闘会■
浪漫を掴みとれ天下一。

<ルール>
ルールはLv50フラット1vs1のタイマンバトル
・参加者は最初に格闘単タイプのポケモンを1体選ぶ
・そのポケモンのみ使用可能。型や持ち物の変更は自由
・メガシンカ禁止(今現在格闘単タイプのメガシンカポケモンはいないが)

タイマンバトルの格闘タイプVer。そのポケモンの単体性能のみがすべてを決める。
ダゲキ流、カイリキー流、ローブシン流、コジョンド流など様々な流派が存在する。
ゴツメダゲキ、メロメロ♀カイリキー、ジュエルバットコジョンドなど恐ろしいまでのメタの張り合いになる。
前回大会はBWの頃であったが、XYには格闘単タイプの新ポケモンはいないので環境は全く変わっていない
ちなみにその時はダゲキ流が優勝を果たした。





■天下一武闘会(無差別級)■
ルール無用の残虐ファイト

<ルール>
・上の天下一武闘会と基本的にルールは同じ
ただしこちらは格闘単タイプだけでなく複合タイプの参加も可能

無差別級。
タイプ的に圧倒的に有利なエルレイドやチャーレム、XYだとルチャブルあたりが最有力候補ではあるものの、
悪魔キノガッサや加速バシャーモなども強力であり、どれも甲乙つけがたい。
こちらも上記の天下一武闘会同様メタゲームになるので実際どうなるのかはやらなければわからない。
まぁ実際にこの大会私は考えただけでやったことのないから本当にわからんしな!





■皆殺しマルチバトル■
この世は全部敵

<ルール>
・基本ルールはLv50フラットマルチバトル
試合終了時点で残りポケモン数が多い一人だけが勝ちとなる
・残りポケモン数が同じ場合の勝敗の決め方は諸説ある(残りHPや残りHP割合など)
「まもる」「みきり」禁止
・・特性「テレパシー」禁止

残虐サバイバルバトル。
初めから味方ばかりを攻撃していてはそもそも試合に勝てないので、
最初は相手を倒しつつ、頃合いを見計らって敵もろとも味方をぶっ殺すのが一番理想的。
ただ当然ではあるが、相方も同じことを考えていることは忘れてはならない。
このルールはネット対戦よりも正直オフなどに向いてる大会かもしれない。
まぁオフとかやったこと無いから知らんけどな!



【続きも現在執筆中…】
スポンサーサイト
クリックしてください!何でもしますから!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。