にわか中毒   来院中の患者数:
スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてください!何でもしますから!

害悪ガブリアス  (2011/12/25)
\ゲッキリーン/
ガブリアス@光の粉or食べ残し
陽気 H204 D52 S252
りゅうのいかり/身代り/影分身/メロメロ

H16n+1調整。Sぶっぱ。残りD。
クリスマスで荒んでしまったココロによって生み出された青い悪魔。ガイアーク四天王の一人。
砂嵐状態で繰り出し影分身+砂隠れ+メロメロという切断必至の害悪戦術を仕掛けるガブリアス。
そしてこちらは竜の怒りの固定40ダメージと砂嵐ダメージで相手をじわじわと追い詰めていく。
事前に麻痺を撒いたり、毒びし・ステロなどが撒いてあるとなお良い。
(^マ^)<我が怒りをその身で受けるがいい!
ちなみにメロメロ+砂隠れ+光の粉で相手の命中100の技が当たる確率は36%。
影分身1積みで27%、2積みでは21%、3積みにもなると18%と2割を切る。
サトシの「かわせ!」を体現するかのごとき回避率である。
(^マ^)<もはやこれはksゲーではない、ksだ
さらに相手がガブより遅い場合、コイツを倒すには5連続で攻撃を当てる必要がある。(身代り4回でHPが1残る)
メロメロ+砂隠れ+光の粉で5連続で攻撃が当たる確率は36%^5で0.6%である。
そこに影分身や麻痺などが入るともはや当たる気がしない。
(^マ^)<そりゃ電磁波砂パが強い訳だわ!
なお、このガブリアスを使用していかなる被害(切断された、友達に嫌われた、そもそも嫌われる友達すらいなかったetc)を受けたとしても
私は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご利用は計画的に。
(^マ^)<元から友達いないなら大丈夫だな!
※ここから先は割とどうでもいい考察まがいなので別に読まなくていいです。

     _人人人人人人人人人人人人人人人_
     >   わりとどうでもいい    <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
            ヘ(^o^)ヘ 
               |∧   
              /


「運ゲと厨ポケ」

私の中で「運ゲ」というのは、言い方はあまり良くないがいわゆるマイナーなポケモン、
つまり低種族値のポケモンが高種族値のポケモンに勝つための最後の手段だと思っている。
それははっきり言うと、戦術・戦法というよりも運任せのギャンブルであるだろう。
運で相手に勝ればヒマナッツがアルセウスに勝つこともありうる。その可能性を運ゲは持っているのである。
言ってみれば低種族値ポケモンに残された一縷の望みと言えなくもない。
それを高種族値のポケモン、いわゆる強ポケ・厨ポケと呼ばれるポケモンで行うとどうなるのか。


低種族値ポケの場合、威張るをしたら相手がラムだった、先制で攻撃を受けて身代りを張れなかったなど、
一度運ゲを崩されてしまうと立て直しが効かず、あっさり負けることもある。
不安定・不確実。それが運ゲが運ゲたる所以であると個人的に思う。
それが高種族値ポケだと、一度崩されても立て直すことが可能なのである。
例えばこのガブリアスの場合、グロスのコメパンクラスの攻撃を受けた後でも身代りを残すHPが残るので、
後出しから運ゲを展開したり、不意のスカーフの奇襲を受けても身代りサイクルを作り出すことも可能である。
安定感・確実性が非常に高い。


これは果たして運ゲと言えるのだろうか。
運ゲとは不安定・不確実であるから運ゲであり、安定性・確実性のある運ゲは運ゲと呼べるのだろうか。
これはもはや運ゲというよりも有用性の高い立派な戦法・戦術と言えるのではないだろうか。

(^マ^)<新聞のコラムのようだな!内容は無いがな!

↑このガブを使って「運ゲかよ」と文句を言われたらこれを言って反論して誤魔化しましょう。
スポンサーサイト
クリックしてください!何でもしますから!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。